smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
profile
Counter
Counter
Creative Commons
!--Creative Commons License-->Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
解析ソース
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< ポートフォリオ大公開 | main | いいわけと今後の方向性 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

フクエモン(?)問題に見る日本人のメンタリティ

村上ファンドに出資していたことが報道されて以来、日銀の福井総裁が毎日のようにテレビに出続けている。たぶん、日銀の総裁がこんなに注目されたのは史上初なんだろうなぁ。ついには夕刊フジでは、「フクエモン」呼ばわりだ。「ホリエモン」との意味的連想をさせるところに、悪意を通り越して意図的なミスリーディングが感じられる。

さてマスコミの論調を見ていると、「福井総裁が1千万円を村上ファンドに投資して年間数百万近くのリターンを得ていたのに対して、われわれ庶民は日銀のゼロ金利政策のおかげで銀行の普通口座に1千万円を預けても年間で100円の利子しかつかない。大変けしからん」と言う極めて日本人的なロジックが気になった。

ちょっと待って。村上ファンドと銀行の普通口座は完全に「リスクプロファイル」が異なるよ。二つを比較することに無理があるんじゃない?いくら福井総裁だって銀行の普通口座に預けていれば100円しか利子がつかないし、逆にいくら庶民だからって(実際に投資機会があるか否かは別として)ハイリスク・ハイリターンのファンドに投資していれば年間で数百万円のリターンがついていたはず。いわば、安全第一の軽自動車とスピード第一のスポーツカーを比較しているようなものだ。99年にまだ無名だった村上ファンドに投資することは大変なリスクがあったはず。その結果として正当なリターンを得ているだけだと思うんだけどね。

とはいえ、日銀の総裁であれば自分の意思決定により日本経済全体のファンダメンタルに影響を及ぼすことが出来るはず。「李下に冠を正さず」。日銀総裁になった時に資金を引き上げておいた方が良かったんだろうな。でも肝心なことは日銀に明確な規定が無かったこと。「職務上の自分の影響力が及ぶような個人的な利殖は慎むべき」としかかかれていないので、何を持って「個人的な利殖」か、どこからが「慎む」なのかが極めて不明確。規定が無いところに罰則は存在しえない。FRBの次の動向が注目されている今、本業とは異なる部分により日銀の機能停止となってしまいかねないことが非常に残念だ。

at 20:54, tonotono, ひとり言

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 20:54, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://tonotono.jugem.cc/trackback/525