smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
profile
Counter
Counter
Creative Commons
!--Creative Commons License-->Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
解析ソース
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< あえて村上ファンドを擁護する | main | ポートフォリオ大公開 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

相変わらずだよね・・・日本の銀行

ちょっとした事情で新しく銀行口座を開設する必要が出てきたので、何気なくオフィスの一番近くにある三菱東京UFJ銀行で口座開設してみることにした。ここ数年は外資系をメインバンクに使っているので、ドメスティックな銀行のサービスを利用するのは実はかなり久しぶり。

実際に手続きを行って驚いたのは、各支店毎に「旧UFJ系」と「旧東京三菱系」に分かれていて、系列毎に提供するサービス内容が異なること。もし旧UFJ系サービスの銀行口座を開設しようと思うのならば、旧UFJ系の支店に行かないと開設できないし、逆もまた然り。「必要ならば向こうの支店に行ってください」とあっさりと開き直った行員にすっぱりと宣言されてしまっては、突っ込む気力すら失う。清清しいまでに「シナジー効果」とか「規模の経済」などのM&Aのメリットを一切排除した合併だ。たぶん純粋に預金残高を大きくすることにより、メガバンクとしての地位を確立することだけしか考えていない合併なのだろう。(そもそも新銀行名からして、効率性を一切考慮していない合併なわけだが・・・・・・)

続いて驚いたのは、一切の効率性や顧客の利便性を無視したオペレーション。三菱東京UFJの「売り」はATMコーナーの片隅に設置されたテレビ電話ブースを使った夜間の口座開設サービスらしいのだが、仰々しいブースに入ってテレビ電話での手続きを行うためには、ATMコーナーの片隅で手持ち無沙汰に待ち構えている銀行員による口座サービスの案内、本人性の確認、申し込み書類の不備のチェックを受けないと入れてもらえない。やっとブースに入ってテレビ電話を開始しても、さっきと全く同じ説明、プロセスをもう一度繰り返す。当然のように、このテレビ電話による口座開設サービスは旧UFJ系でしか使えない。結局新しい通帳を手に入れるまえに、おおよそ1時間近く経過。普段は温厚な僕ですら、終わったときにはかなりウンザリしてちょっと切れ気味だった。

なんだかなぁ・・・・もう少し考えたほうがいいような気がする。あんなに非効率的な経営、オペレーションをしているのならば、僕が投資家だったら絶対に投資しない。客としての視点からみても・・・・ちょっとメインバンクにする気にはならないよなぁ。

at 08:25, tonotono, ひとり言

comments(0), trackbacks(2)

スポンサーサイト

at 08:25, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://tonotono.jugem.cc/trackback/523
一日5分で手に入る月収60万円, 2006/06/17 6:56 PM

一日5分で手に入る月収60万円

メインバンクを知ろう!, 2007/06/05 2:38 AM

「メインバンクを知ろう!」へようこそ☆さて、メインバンクって聞いたことはあるけど…[メイン バンク 預金]