smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
profile
Counter
Counter
Creative Commons
!--Creative Commons License-->Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
解析ソース
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 欧州旅行第二十三日目 | main | 欧州旅行第二十五日目 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

欧州旅行第二十四日目

いよいよこの旅のハイライト、ノルウェーのフィヨルド観光へ。早朝のオスロ駅で走り回って、荷物の別送サービスを発見。フィヨルド観光は、電車・船・バスを乗り継ぐので、今夜宿泊する予定のベルゲン駅まで荷物を別送することに。まずはノルウェー国鉄に乗ってベルゲン方面へ4時間ほど。僕らの乗った電車はノルウェー有数の山岳地帯を通っているため、7月にも関わらず線路の周囲には残雪がちらほら見られる。途中のミリダール駅で下車。30分ほどの接続で、今度は私鉄のフロム鉄道へ。この鉄道はヨーロッパでも有数の山岳鉄道らしく、1時間ほどかけて、距離20km、標高差1000mをゆっくりと下っていく。途中でシカが見えたり、大きな滝が見えたりと、あっという間の1時間。乗客の多くは立ちっぱなしで、右に左に忙しくカメラを傾ける。

フロムからはフィヨルドを走るフェリーに乗船。2時間ほどクドヴァンゲンの街までのんびりとクルーズ。(当たり前のことだが)フィヨルド内の水面は海抜0mの海面、一方でフィヨルドのすぐ横には海抜1500m近くの大きな山塊が聳え立っているわけで、自然の織り成す造形美には目を奪われる。

休む間もなく、クドヴァンゲンからはバスに乗る。実はフィヨルド内で泳いでやろうと、水着を着てきたのだが、残念ながら積年の夢をかなえることは出来ず・・・・・運転手曰く、ノルウェーでも最も勾配のきつい坂道を登り続けてヴォスの街に到着。ここからは再びノルウェー国鉄でベルゲンの町へ。

ベルゲン駅で荷物を受け取ろうとしたら、窓口はすでにクローズ。7時で閉まるんだとか。何だよ・・・オスロ駅で教えてくれなかったじゃんと半切れ気味になりながらも、しょうがないので着の身着のままでホテルで一泊。今回の旅はラゲッジに関するトラブルが多い・・・・

at 01:33, tonotono, 旅行

comments(3), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 01:33, スポンサードリンク, -

-, -

comment
hiromi, 2005/07/23 11:05 AM

8月1日にオスロからベルゲンに向かうのですが、荷物の別送は前の日じゃなきゃ、だめとか、土日は扱ってないだとか、怪情報ばかりで急に不安になったけれど、当日でも扱ってくれるんですね。でも、駅じゃなくて、ホテルに送ればいいんだ。ちょっと安心しました。

tonotono, 2005/07/23 12:22 PM

荷物の別送の受付窓口はオスロ駅の一番端なので、時間に余裕を見ておいた方がいいと思いますよ。僕らは荷物を発送した直後にホームまで猛ダッシュする羽目になりました(笑

goma, 2007/05/22 11:15 PM

突然、質問すいません。
オスロからの荷物の別送サービスについて教えてください。
朝は何時の列車に乗りましたか?
私は今年の夏、ノルウェーに行く予定なのですが、6時台の電車に乗りたいと思っています。
ガイドブックでは7時からオフィスがオープンとあったので、朝早い列車の人はどうしているのかと思いまして・・・。










trackback
url:http://tonotono.jugem.cc/trackback/333