smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
profile
Counter
Counter
Creative Commons
!--Creative Commons License-->Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
解析ソース
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 受験の話(小論文編) | main | 脂肪肝 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

受験の話(面接編)


(学校にもよるが・・・)TOEFL、GMAT、エッセイを出願した後、おおよそ一ヶ月程度でインタビューのオファーが来る。この時点でオファーが無い場合には、合格はほぼ無い。従って、エッセイを出し終わった後には、オファーが来ることを祈りつつ、ひたすら面接の準備をすることとなる。

大別すると・・・
「オンキャンパスインタビュー」:ビジットして現地で面接
「アルムナイインタビュー」:国内でOBによる面接(運がよければ日本語)
「電話インタビュー」:入学審査官と国際電話による面接
「アドミッションによるインタビュー」:MBAフェアなどで来日する入学審査官と面接

個人的に避けたのは「電話インタビュー」。ボディランゲージを駆使しなければ、コミュニケートする自信が無かったので・・・・出来るだけ入学審査官、不可ならばOBの方に面接をしてもらえるように手配した。(とはいえ、あまり面接のオファーが来なかったが・・・)

面接のコツは丸暗記しないこと。棒読みになってしまうと最悪・・・長い長い30分を過ごす羽目になる。

質問自体は極めてオーソドックスな質問ばかりなので、キーワードだけ憶えておいて、あとは面接の流れ次第でフレキシブルに対応するのが良い。入学審査官は基本的にはフレンドリーな人たちばかりなので、会話を楽しむ位の意気込みで行った方が好結果につながる。

at 11:36, tonotono, 受験

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 11:36, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://tonotono.jugem.cc/trackback/24